2020年1月第三週のトレード記録と振り返り

テクニカル解説

とりあえずスイングトレードランキングのクリックを

よろしくお願いします!!

 

ど~も~kerokerolaionです。
今週のトレード記録と振り返りです。

振り返りは大事ですよね?

振り返りはトレードルールのブラッシュアップになるし、自分がビビってエントリーしなかったところで利益になってたことを気がついたり、利食いが正解だったかを検証できる。

正直3週目で面倒くさくなってきましたが・・・。
メリットがありすぎるので今日も振り返っていきます。

最近はユーロ・オージードルに関して損切り幅が小さくてエントリーにかからないことが多いので損切り幅を広げようか考えています。

というのは僕はまず損切りレートをきめてから損切り幅を足してエントリーレートを決めるので、損切り幅を変えるとエントリーレートが変わってくるからです。

あと時間かなオージ系(オージードル・円、ユーロ・オージードルはオセアニア市場で動くことが多いから、オージー系だけ朝もトレードしようかな?と検討中。

1月13日(月)

ノートレ

1月14日(火)

ユーロ・ドル ー9.4pips。

ポンド・円 176.1pips

1月22日深夜、一時間足で長い上髭を確認したので決済。
エントリー根拠は逆三尊です。

1月15日(水)

ノートレ。

1月16日(木)

ノートレ。

1月17日(金)

ドル・カナダドル ー11.1pips

検証と振り返り

ユーロ・ドル見逃し56pips。

この画像見てください。大事です。※ここ注目 三尊(低)の部分。
三尊(低)ができてます。

階層替え下落は最低階層のレートがうわ抜けできな~いで起ころます。
うわ抜けるかどうかは、その時の運なのでどうなるかはわかりませんが、
階層替えは大きく狙えるので狙ってみる価値は充分にあります。
損益比率が大なのでオイシイです^^

しかしこのユーロ・ドルのチャート4時間足レベルで毛抜き天井。
相当売りが強いチャート。

コメント

タイトルとURLをコピーしました