コツコツドカンの反対はドカンコツコツでなくて損小利大

コラム

とりあえずスイングトレードランキングのクリックを

よろしくお願いします!!

 

ど~も~けろけろライオンです。

今日はコツコツドカンの反対は損小利大だ。という話を
書いて行きたいとと思います。


FXに限らず相場にででてくるコツコツドカンという用語。
これはコツコツ勝ってドカンと負けるという意味。


勝率90%で毎回1000円をゲットして9回連続で勝っていても、
一回の負けで2万円を失い結局勝ち分を吐き出す。


毎トレードで1万円を稼いでいたが、トレンド転換で気づかずに
しかも損切りできずにポジションを放置した結果強制ロスカットになる。



資金を減らしていくパターンはすべてコツコツドカーンです。



これはプロスペクト理論で
人は利益局面では確実さを求めるが損失局面ではリスクを取りたがる。
結果です。


含み益がのる=利益局面。
このとき人は確実さを求めます。
その結果確実に利益を確保しようとしてチキン利食い。


反対に含み損がでている場面では、リスクを取って
「せめて建値までもどってきて。お願いします神様!」
お祈りしはじめます。


大体の場合は建値に戻ってきますが、
今回のコロナショックみたいなことがまれに相場ではおこるので、
こういう場合は建値に戻ってきません(戻ってくるとは思うけど数ヶ月先とか)


こういうときに、損切りできずに強制ロスカットされるのが、
コツコツドカンの典型です。


プロスペクト理論は全人類に当てはまるものなので
誰でもこうなります。



僕もFXをはじめた頃はもろそれで
そもそも損切りということも知らなかったこともあって
よくお祈りしてました^^


ここでこのサポートがあるから反転するでしょとか
経済が〇〇だから上昇するでしょとか。本気で思ってました。


アホです。
完全にアホです。


時間を無駄です。
IQ下がります。


まあその当時の僕は相場の理屈を分かってなかったから仕方ないとは思いますがアホです。


「相場の理屈を学べよ!」って当時の自分に言ってやりたい。




でも相場の理屈って教科書にのってないんですよね。
いろいろな書籍(バンローリング系)とか
トレーダーが書いた本とかいろいろ買いましたけど
相場の理屈は書いてなかった。


インジケーターの使い方とか
損切りしましょうとか
トレンドの見方だとか
重要指標の前はトレードを控えましょうとか


実戦で使えるレベルではないものばかり。



結局、僕がコツコツドカンを抜け出せたのは
「確実にすべてのエントリーで勝つ」ことを諦めて
「相場の理屈に乗っ取り確率でトータルで勝つ」という考えになったからです。(相場の理屈に関してはこの記事で書いてます。)


相場の理屈を知るには兎にも角にもチャートの検証です。
けど闇雲に検証しても時間がかかるので、僕は勝ってるトレーダーさんの
履歴を検証しました。


なぜここでエントリーか?
なぜこの売買方向なのか?
なぜこの損切りレートなのか?
なぜ利食いはここなのか?


この点を意識して勝ってるトレーだーさんの履歴をチャートに起こして
検証しました。

そうすると見えてくるものがあります。
勝っているトレーダーが見ているポイント(相場の理屈)
が見えてきます。


どういうポイントを意識しているのかとか。
どういうチャートパターンを重視しているとか。


ちなみに今僕が思う使えるチャートツールは
・移動平均線
・チャートパターン
・トレンドライン(欧州系の通貨ペアは特に使える)
・チャネル
・水平線
・4時間足
・日足
・ローソク足の形状
・時間帯
です。

この辺はレポートに詳しく書いてます。


書籍をたくさん買うのはホント時間とお金の無駄なので、
勝ち組の履歴を検証してそれをチャートに起こすことが
相場の理屈を知るのに手っとり早いです。


あと勝ってるフリをしているトレーダーが滅茶苦茶多いので
注意してください。


こういう勝ってるフリトレーダーに関わると
金を騙し取られます。

時間が奪われます。

学びもまったくありません。


勝ってるフリトレーダーはホント多いんで。



ちなみに僕が思う勝ってるフリトレーダーの特徴
・やたらと稼いだ金額を言う
・ポエムのりな発言ばかり(相場の理屈に踏み込んだ発言はない)
・発言内容が書籍レベル
・履歴ださない。だしても数トレードの大勝ちしたトレードだけ
・あとこれ微妙なんですがナンピンして勝ったトレードを勝ちトレードとして自慢する。
・あと相場で確実に勝てる秘密があると匂わせる。
・なぜか相場に対して天狗
・インジケーターを重視する
・負けトレードを言わない

こういう連中はスルーして本当に勝ってるトレーダーの履歴から
学ぶと自分の実力も上がりますし、トレードの収益もあがって行きます。


本物かどうか?
実戦で使えるか?
トータルで収支がプラスになるのか?
再現性は高いのか?


自分が学ぶ情報の質の判断が大事です。



あとトレードはひとつひとつのトレード結果に意識を向けるのではなくて
一週間とか一ヶ月とかおおきな単位でトータルのトレード結果に意識を向けることも大事です。


あと損益比率も。
損益比率は期待値をプラスにするためにはほんと大事です。
損益比率のことはこの記事に書いてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました