Fxは何が起こっても「想定内」じゃなきゃ駄目!

コラム

とりあえずスイングトレードランキングのクリックを

よろしくお願いします!!

 

どーもーkerokerolaionです。

Fxに限らず相場は何が起こるかはわかりません。

要人発言や指標での突発的な動き。やパニック的な売りとか。

これらは予め予想ができません。
誰がどんな発言をするか?指標でどんな数字がでるのか?
事前にはわかりません。

最近ではフラッシュ・クラッシュとか。

人がやる以上、何が起こるかはわかりませんが、相場は上がるか・下がるかだけなので、ロングで入ったら下がったら損切り。ショートで入ったら上がったら損切り注文をいれておけば最悪の事態は防げます。

自分が思っていない方向に相場が大きく動く可能性を「想定」しておけば損切り注文を忘れません。

でも人間は自己都合で物事を期待する生き物なので、不利な方へ物事が動くことを恐怖してしまう。

恐怖でフリーズして損切りできずに大損。

これ僕やりました。

で大損を避けるために損切り注文を入れる。そうすると損切りが多くなり
いわゆる【損切り貧乏】になる。

どうしたらいいのでしょう?

僕が試した方法を紹介します。

損切り貧乏の防ぎ方

まず第一は、損切り幅をめっちゃ広くする。

これは勝率上がります。
が、一旦損切りしたら大損となってしまいます。

でもまあ日足レベルのトレンドが転換をしたら損切りとかだと一回だけの損切りですむので大損しても利益は残ります。

ちょくちょく利食って、大損を一回です。
で利益を残す。

利益はのこるのでこれはありっちゃありです。

第二の方法は、
エントリーの基準(レート)を超えたら損切り。

このやり方は損切り幅が小さくなります。

基準がレートなので、明確ですし、レートを超えたら損切りとなるので
損切り幅が小さくできます。

僕は最近はこのやり方をやっています。

一回あたりの損切り幅が小さいので損切り貧乏ではなくなります。

でもこのやり方は勝率が低いと【損切り貧乏】となってしまうので、
勝率が高くない手法だときついです。

損切り幅が小さくても数が多ければ結局損切り総額は大きくなるので
勝率が高い事が大事です。

あと基準レートを選ぶチャート読解力も必要となってきます。

ここは数で身につけるですね。

チャート検証の数!

あとうまい人のトレードを見るですかね。そしてその人が意識している基準(レート)を盗み取るのがいいです。

トータルで利益が残ればいい!

損切り幅や回数は
トレーダーの手法・技術によって違いますが、

損切りは大損しないためのものなので、損切り幅を大きくししても
トータルで利益が残れば何でもいいと思います。

固定で〇○PIPSで損切りというのは損切りの根拠がなくナンセンスですが、
根拠があって、トータルで利益が残せればどんな損切り幅でもいいんじゃないですか?

利益を残すためにトレードをしているのだから。

目的と「手段を履き違えない。

損切り幅の正解を探すのではなく自分の手法・実力にあった最適な損切り幅を見つける。

手法や実力はトレーダーによってバラバらなので、あのひとはこの損切り幅で損切りしてたから
自分も同じ損切り幅で損切りするのは違う。

実力・手法・時間軸はトレーダーによって様々なので、そのトレーダーにとって
最適な損切り幅がそれだっただけで、その損切り幅がほかのトレーダーにとって
最適であるとは限りません。

自分にあった利益の残る損切り幅でいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました