都市は人がいっぱいいるところが発展する。相場では注文の集まるレートが大事な話。

コラム

とりあえずスイングトレードランキングのクリックを

よろしくお願いします!!

 

どーもーkerokerolaionです。
最近、ツイッターのアバターを変えました。
動物アバターが飽きてきたこと。動物だと読者さんに
メッセージが伝わりにくいとおもったからです。

動物に話かけられてもな~。
話はいってこんわ~。

と思ったので思い切りアバターを変えてみました。
新アバターはこれです↓

でかい。
まあこんなかんじです。

僕は今、中学受験の小学生を教えています。
受験対策の定番として過去問の指導をしています。

最近過去問で面白い問題をみつけました。
それは社会の問題で名古屋市の発展の歴史の問題です。

はじめ見たときは〇〇道は〇〇で、△△道は△△でとあって
あ~おもんない問題だな~と思ってしゃーないんで教えようかと
思っていたのですが。
よく読んで見ると都市が発展する根本を問う問題でして、ほ~小学生に問うかこの
テーマを。
中学受験はレベルたかいな~と思いつつ
生徒に問題の解説を始めました。

生徒は分かったような分かんないような顔をして聞いていましたが・・・・。

問題文の内容はこんなんです。
あ僕は愛知県に住んでいるので名古屋市の発展の歴史の問題です。

要約すると、江戸から京・大阪を旅する人は熱田神宮まできて、
そこから美濃路を経て中山道へと抜ける旅程が多かった。

さらに飯田街道が名古屋市の都市部からつうじていて
名古屋は江戸と京・大阪の都市間幹線道路の交差点として商工業が発展した
という問題文です。

でっかい道路が名古屋で交差するから人がいっぱい集まり発展した。という話です。

当たり前ですが、商工業はお客さんがいなければ成り立ちません。
お客さんがいるからこそ発展するのです。

そういう意味で、名古屋市は人がいっぱい集まったから
そこの人を目当てに商工業が発展してきました。

今も名古屋市は大都市です。
中日ドラゴンズ、名古屋グランパス、SKE48、ナゴヤドーム等大都市にあるアイテムを備えています。約230万人住んでいます。

味噌カツ、土手煮などの名物があります。
味噌カツうまいっすよね~。甘さと油のマッチングがたまらんです。

人が集まるから、ビジネスが発展する。
人がいないと、ビジネスは廃れていく。

路面店の飲食店って繁盛しますし、駅前の飲食店やコンビニも繁盛しています。
人が多く通る店は繁盛します。

祭りの出店とかは人が集まる場所で商売しようと集まってきます。
結局、人の数が商売の発展では欠かさないということです。

相場では注文の集まるレートが大事

相場では時間の経過とともに、注文の集まるレートというかゾーンが出現してきます。

ブロックを残すという言い方もできますが。

この注文の集まるゾーンが抜けないと相場は反転していきますし、逆にこのゾーンを抜けると相場は進んで行きます。

壁をぬけたら次の壁までレートは動く。
壁(ゾーン)レートを抜けるにはエネルギー(資金)が必要。

注文の集まるレートの判断はそれまでのレートの動きでして行きます。
圧がかかるレートをブレイクしていったレート(ゾーン)を再度ブレイクしたレート(ゾーン)に注文が集中してるんですが、言葉では分かりにくいので、チャートで説明します。

上のチャートは11/28のポンド円の30分足チャートです。

1.断続的な買い注文が入ったレートを
2.青矢印での大量の売り注文で断続的な買い注文レートをブレイク
3.断続的な買い注文とそのレートをブレイクしていったレートの間は大量の買い注文
と大量の売り注文の入った注文がめちゃくちゃ多いゾーン(紫ゾーン)になる。
4.このゾーンを抜けた場合→相場は上に行く。
5.抜けなかったら下に行く。

という事です。

チャートでは分かり易く紫のゾーンにしました。
結果は紫ゾーンをうわ抜けしてますが、抜けるまで何度も頭を抑えられています。

買い方の損切りの売りと売り方の売り注文で上値が重い状態です。
紫ゾーンは上へブレイクしていきましたが、こういった重要なレートを背に売り
エントリーをしていくのが根拠のあるエントリーです。

紫ゾーンは買いと売りの注文が集まっていて硬い。
だから、紫ゾーンに引きつけて売りを狙う。

根拠ありません??
ありますよね~。

誰が売ったかとか誰が買ったかは分かりませんが、
注文の多いレート(ゾーン)は過去の値動きから分かります。

分かれば、そういうレートを背にエントリーできます。

でも最初は僕は無思考で、○○のインジケーターがクロスでエントリー。
オシレーターが底値圏で買いとかやってました。

インジケーター頼みのトレードは勝てない。
ホント勝てない。
たまに勝つけど、トータルでは負ける。

考えて見れば当たり前ですけど、インジケーターはローソク足の確定値をもとに作られます。レートが先にあってインジケーターの値が決まってくるので、インジケータ頼みのトレードではトータルで勝てません。このことになかなか気づかなかったです。

頭つかえよ!根拠もてよ!

昔の自分に言ってやりたい。

無思考は罪

あーアホ。俺アホ。

今思い出すとホント情けない。

【関連記事】
値動きの基本的な考えの記事です。今回の記事とあわせて読むと分かりやすいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました